上福岡障害者支援センター21

特定非営利活動法人 上福岡障害者支援センター21とは


上福岡障害者支援センター21は埼玉県ふじみ野市(旧上福岡市)を中心に障害者の地域生活の支援活動をしている団体です。

1985年より任意団体としての活動をスタート。 2007年4月1日より障害者自立生活センター二人三脚との事業統合により特定非営利活動法人上福岡障害者支援センター21としての活動を始めました。

センター21発足の趣旨

  • 障害の程度や種類にとらわれ ずに、障害者が通ってこられる場とする。
  • 障害者だけが集まる場ではなく、健常者と障害者が平等の立場で共に相談し、運営していく場とする。
  • 仕事や催し物などを通じて積極 的に街の中に出ていき、障害者の社会参加を促進していく。
  • 障害者の就職先を開拓し、また障害者が、健常者と共に働ける店や事業所を研究し準備する。
  • その他、障害者の完全 参加と平等を押し進める諸活動に取り組む。
センター21活動の特色
  • 重い障害者は入所施設へという「福祉」へのアンチテーゼ として「障害者も共に生きる街づくり」を目指した市民運動(1976年~ とんぼの会)から生まれた。
  • 働く場(2カ所)すむ場(2カ所)ケアシステム等、センター21の活動の場をすべて街の真ん中に設置していく。
  • 運営は障害者と健常者の分け隔てなく協議によっててすすめる。
  • 障害者の自立生活の援助、介助、権利擁護、相談。